台湾茶について

台湾茶とは

台湾茶は、1810年に中国福建省の商人が中国茶の苗木を台湾に持ち込んだのがきっかけといわれています。その後、茶樹の栽培に適した温暖で雨が多い島国特有の気候によって台湾独自の製法でお茶作りが行われ発展してきました。
台湾茶は大きくは中国茶に分類されますが、現在では、台湾で作られるお茶を「台湾茶」と呼び確立されています。 
烏龍茶などの半発酵茶が主流の台湾茶の品質は、世界で最も高い評価を受けており、一部は中国にも超高級茶として輸出されています。
台湾茶の問屋さん、生産者の方々は皆さんとても親切です。そして、お茶に関しての熱い思いが伝わってきます。
自分の製品にこだわりを持っており、産地や残留農薬等、膨大な資料を広げながらとことん説明してくださいます。
お茶を煎れる際の温度や蒸らし時間についてはそれぞれ好みがあるらしく、親子で言い合いになったりと、とても微笑ましいです。

 

皆さん自分の好みの味を知っていて、味覚に関して繊細な感覚をお持ちの方ばかりです。

台湾茶の種類と特徴

台湾のお茶もその一種である中国茶は、茶葉の発酵度合いと製法によって大きく種類が異なります。中国茶の種類は、発酵度合いの低いものから順に緑茶、白茶、黄茶、青茶となり、紅茶は最も発酵度合いが高いです。微生物を利用した発酵製法を取るものは黒茶と呼ばれます。これに当てはまらない製法で作られたものにはジャスミン茶があります。


花音では自慢の茶葉を5種類ご用意しております。
本場ならではの安全で良質な茶葉を厳選しながら仕入れています。
ぜひ一度お試し下さい。


台湾のお茶文化

日本の「茶道」のように、台湾や中国にも「茶芸」というものがあります。
茶道は「型」そのものに美学があるとされますが、茶芸は「どうお茶を美味しく飲むか」という生活の中で生まれたものです。


日本茶が私たちの生活に根ざしているのと同じく、台湾茶もそれぞれの家庭に形を変えて浸透しています。

台湾の友人家庭にお邪魔すると、必ずお父さんが「よく来たね」とまずお茶を煎れて下さり、四方山話に花が咲きます。

若い人の間では自分の茶杯(湯呑み)を持ち歩くことも流行っており、小さなポーチにお気に入りの手描きの茶杯を入れてお茶会に持ち寄ったりしておりました。

その他にも、お茶をベースにアレンジした新しい飲み物が数え切れないほどあります。

台湾茶は歴史を大切にしながらも探究心を持って常に変化をし続け、生活に根ざした素晴らしい文化となっています。

そこに根ざしているのは「いかに美味しく、愉しんで飲むか」です

お気に入りの茶器を愛でながら飲むのも格別ですし、気楽に入れたものも美味しいものです。


花音でのお茶会

花音では定期的にお茶会をしています。
お茶を美味しく入れるコツやポイント、アレンジの仕方などをお伝えしています。
台湾茶が大好きな私たちだからこそのこだわりや、お茶に合うお菓子など、季節に合わせた愉しいお茶会です。
お茶会の時だけの特別価格の茶葉もありますよ。

リクエストしていただければ出張も可能ですのでお問い合わせください。


基本の入れ方

基本例

台湾茶は美味しく入れるポイントは
温度管理と蒸らし時間 です。
日本茶の入れ方との大きな違いは、日本茶は旨みをより引き出したいお茶ですが、台湾茶はとにかく香り高く入れたいお茶です。


① 使用する全ての茶器はあらかじめ温めておきます。

②茶壺(急須)に茶葉を5g入れます

③沸かしたてのお湯を茶壺いっぱいに注ぎます。
蓋をするとお湯がこぼれるくらいです。
香り高く入れるためには、お湯を高温に保つことが肝心です。お湯をいっぱいに満たすことで高温を保ちます。

④しばらく蒸らしてお茶を出します。

⑤茶壺(急須)から茶海(ピッチャー)に一気に注ぎます。

⑥茶杯(湯呑み)にお茶を注ぎ分けます。


蒸らし時間はお茶葉の量・種類によりますが、1煎目2煎目はだいたい1分前後。3煎目は1分半前後。4煎目は2分くらいと少しずつ蒸らし時間を長くしていきます。



※茶葉の保存について
開封前は冷暗所に保管してください。
開封後はなるべく空気を抜いた状態で、冷蔵庫で保管してください。